4号機 オンラインカジノ

4号機 オンラインカジノ

確かにこれはどこか違和感はあるな」 直樹の言葉にジンライが周りを警戒しながら立ち止まる

よく観察すれば確かに中が空洞にでもなっているかのような、どこか不自然にも見える形をしている岩であった

あなたも好きかも:パチンコ やる 人 特徴
「ふむ」 それをジンライが舐めるように眺める

「何かしらピリピリとしたものを感じるな」「なー」 ジンライの言葉に、横に並んで歩いていたシップーが小さく鳴いた

ふたりともその岩の中に何かを感じていた

 もっともジンライたちの様子に訝しげな視線を向けつつも、一緒に歩いていたライルは歩みを留めず、その岩に近付いていた

 それは油断というものであった

あなたも好きかも:奈良県 パチンコ アッシュ
「んー、どうしたよ爺さん? これが何か」「バカもん

不要に近付くなッ」 そのジンライの言葉と同時、『バカな我だ』 ジーヴェの槍が声をあげる

さらに目の前の岩が崩れた

「おっ!?」 唐突な状況にライルの目が見開かれるがその反応は遅い

爆発したかのように目の前の岩が砕け、その中から黒い影が飛び出して火花が散ったのだ

「ライルッ!」『やらせぬさっ』 ジンライが叫ぶがライルは無事であった

ジーヴェの槍がライルの反応よりも速く自ら動き、その影の攻撃を防いでいたのだ

「な、なんだ?」「チッ、この動きはここで出会うようなモノではないぞッ」 慌てるライルとは対照的にジンライは冷静に岩から飛び出した三つの影のひとつを槍で受け止めて弾いた

狙われたのはシップーで、ライル同様にシップーもその攻撃をよけることができなかった