目押し スロット 意味

目押し スロット 意味

あなたも好きかも:パチスロ うっちぃ
 でも、他の仕事より、本に囲まれている時間は圧倒的に長いじゃない

本に囲まれているだけで、幸せだもの

 紙とインクの匂いを吸い込むだけでうっとりする気持ち、誰にだってわかるでしょ? 知識を伝達するために文字を残すなんて、人間だけが行う知的な作業が昔からずっと行われてきたなんて、歴史をちょっと振り返ってみれば、絶対心ときめくでしょ? 本が読めればそれでいい

 さぁ、神様

わたしの願いがわかったら、とっとと転生させてください

あなたも好きかも:町田 成瀬 パチンコ
 生まれ変わって、また、本を読むんだから

とうとう始めてしまいました

楽しんでいただけたら嬉しいです

ダンッ! ダンッ! と何かを床や台に叩きつけているような音と共に、わたしが寝ている場所がぐらんぐらんと揺れた

あなたも好きかも:スロット 現金換算
振動するたびに、まるで頭を殴られているように頭が痛み、わたしは小さく呻きながら眉をきつく寄せた

 うるさい……

マジうるさい

 その迷惑な騒音と揺れはすぐに終わるものではないようで、一定のリズムで続いてて、とても寝ていられない

 ぐわんぐわんと頭に響いてくる振動に意識が覚醒したわたしは耳を塞いで騒音をやり過ごそうとした

 それなのに、身体が自分の思った通りに動かない

インフルエンザにでもかかったような高熱と関節の痛みが全身に広がっている

「うっ……」 現状把握には眼鏡が必要だ

わたしは目を閉じたまま、いつだって枕元に置いてあった眼鏡を探した