病院ジャック ブラックジャック

病院ジャック ブラックジャック

それ以上に周囲が見えておらず、そんな余裕を抱けない

 あの四人のように、生き残ることを支えにしているのでもなく、防衛戦という目的を持っているわけでもなく――ただ、ひたすらに、一匹を滅し続ける

 それだけが、できること

それしかできないこと

 ――もし、なんてことは、考えるだけ無駄だ

 意思の統制、呼吸の制御、自意識の確立

 百眼が一つ、遠眼は未熟である紫花に寄り添わず、やはり遠目に見ているような感覚に近い

契約をしてはいるものの、未だに心が通じ合っているとは言い難い

あなたも好きかも:小倉南区 パチンコ まるみつ
それはきっと、凛の傍にいる鏡娘も同様だろう

 妖魔の大群の中、涼と契約をしていた頃を思い出す

楽しくも、短かった日日を――都鳥涼と過ごした、時間を

あなたも好きかも:総社 パチンコ店
 妖魔だとて自我がある

ただ在るだけではない

あなたも好きかも:ベガス・ダウンタウン・ブラックジャック・ゴールド
 だから、思うのだ

 力を貸してやりたい、とも

いつ以来だろう、自らが扱う糸で手が切れたのは

 記憶を辿ってみれば、それが傭兵になる前のことだと思う