パチンコ 感謝祭

パチンコ 感謝祭

「で、要求だ暁

――お前の〝雨天〟を見せろ」「――」「強調してやったんだ、意味はわかるだろ

それともできねえと、頭を下げてもべつに俺は依頼を取り下げたりしねえよ」「……だから、俺は挑発に乗るタイプじゃねェッての」「知ってると俺も言ったはずだ」「はあ……ッたく、何を心配してんだかな

あなたも好きかも:パチンコ 変動時間
翔花、悪いけど五月雨を持っててくれ」「え? あ、うん」「涙眼に持たせとくのも、まァ面倒なんだよ」 そんなものかと一度中に入って刀を受け取り、わずかな疑問を抱きながら再び下がる

 ――今、暁の手、震えてた? 勘違いならばそれでいい

けれど、振り向きもせずに渡された刀から、触れ合った僅かな時間で、翔花はそれを感じた

何に対するものだろう、武者震いなのか、それとも

 ――それとも怖いの、暁

 何が怖いのか

あなたも好きかも:パチンコ 業界 終わり コロナ
ベルがか、それとも雨天を見せるのがか

後者であってくれればいいと翔花は思い、そして重い刀を両手で抱くようにして持つ

それほど長い付き合いではないが、鍛錬をしている暁を見るのは日課だった