バチンコ 地獄少女2

バチンコ 地獄少女2

と、ド正論をかまして兄さんはまた部屋へと戻っていった

あれ、今日仕事は? と、尋ねると、たまの二連休だ

と、返ってきた

そっか……そういえば連休なんてものありましたね

僕は基本的に月、水曜日の隔日休暇だから……「はあ……とりあえずご飯食べて行くか」 母さんも休みかな? もうすっかり朝ごはんは自分で準備するようになった………………わけではないけど、それでも母さんが寝てても大丈夫な程度にはなったから

あなたも好きかも:ギルティ クラウン スロット セリフ
多分兄さんもそれをわかってて、今母さんに朝ご飯の支度はしなくても良さそうだって言いに…………あ、誰か降りて来た

ああ、おはよう母さん

あなたも好きかも:パトレイバー スロット 評価
え? いいよいいよ、朝ご飯くらい自分でやるよ

え? 立派になったねぇ……なんて、もう母さんったら

はあ……別に全然大丈夫だって思われてなかったわ………… お店に着くと昨日以上にピリピリした空気でみんな既に仕事をしていた

違うよ! 遅刻してないよ! 店長はそもそも僕らが来る前にパンを焼かなきゃいけないし、西さんも配達の準備でちょっと先に来る時があるんだ

配達の時間によりけりだけどね

で、花渕さんは…………花渕さんは……………………どうしてこんなに早くからいるの……?「ん、おはよアキトさん

なに……その目は……」「いや…………その、最近は随分とこう……」 お店に居たがるよね、なんて言えない

なので、僕に対してちょっとだけ優しくなったよね

なんて馬鹿みたいに失礼なことを口走って、そして全身に鳥肌を立てながら彼女の返事を待った

最悪は、死