ブラックジャック 蟻谷

ブラックジャック 蟻谷

それに確か、伯爵家の、ほら……」「イングクス家のライアルド様? それならお断りするって方向で進むはずだけど」「嘘だろ⁉︎」 ギルが頭を抱える

 まぁ、貴族の常識として考えると、女性の場合、もう結婚しなければやばいくらいの年齢だ

あなたも好きかも:パチスロ コンセプト
二十三にもなれば行き遅れと言われかねない

「彼の方たしか二十一だよな⁉︎ 良いのか今からそこ蹴っても⁉︎」「……正直彼のお相手は、蹴って正解だったと思うけどな……」「ですよね

あなたも好きかも:パチスロ ハウンドドッグ
彼の方の元に嫁いだのでは、リヴィ様は不幸にしかなりません」「…………なんかあったのか?」 夜会での出来事を、ギルに掻い摘んで説明した

 イングクス伯爵家のライアルド様が、リヴィ様に対しどのようなことを口にしていたかは、サヤの耳が拾っていたし、俺だって面と向かって腹の立つ暴言を吐かれたからな

言葉に熱だって篭るというものだ

あなたも好きかも:スロット 二枚がけ
 それを聞き同じく憤慨した表情となったギルであったけれど……

「だけどお前……伯爵家に喧嘩売ってんじゃねぇよ……いくらリカルド様が手を差し伸べてくださったにしても……あああぁぁ」「あれを黙って聞いていられるわけないだろ」「いや、そうだが……そうだが伯爵家だぞ相手は⁉︎」「まぁそれはリカルド様にも言われたけど……だけどあの時は俺も頭に血が上ってたんだよ……

 だってな、あまりだと思わないか⁉︎ 今でも一文字一句違えず思い出せるくらいだぞ

 どこを愛でているんだ、あの広い肩幅か? 厚い胸板か? ゴツゴツとした剣だこだらけの硬い掌か? 筋の浮いた二の腕か? って……」「それは殴っても良かった!」 だよな⁉︎ 納得したギルに、ハインが呆れたとばかりに溜息を吐き、オブシズは苦笑気味だ

いつもの如く、シザーはオロオロしている

 ギルは憤懣やる方ないといった様子で、よくぞ言った

と、俺を労い、オリヴィエラ様が醜いなどあってたまるか! と、力説しだした