スロット 弥生ちゃん フリーズ

スロット 弥生ちゃん フリーズ

五分の「隙間の時間」にアクセスするなら千五百字前後といった具合に字数を制限します

一日に六千字を読んでもらう 小説を読むひとつの目安が「六千字」です

六千字で「起承転結」のいずれかを書きます

「起承転結」すべてを合わせて「二万四千字」強にするのが適切です

これを一章とします

 十万字前後が小説賞の目安となるので、そのまま書けば四章仕立てで「起承転結」の簡潔な書き方ができるようになるのです

あなたも好きかも:パチスロ データ取り アプリ
 たとえば二十分の「隙間の時間」にアクセスするなら一回に六千字を投稿すればいいことになります

五分の「隙間の時間」にアクセスして一日六千字を読ませたいなら千五百字の投稿を一日四回行なうのです

あなたも好きかも:羽島 パチンコ
そのペースを守ってあれば、読み手は読み続けてくれます

 本コラムで以前「五千字」を目安としました

あなたも好きかも:海 寿 パチンコ
この場合だと「起承転結」の四章構成が「小説賞の下限」である八万字前後での投稿になります

そこで「起承転結」の後に「惹」を付けて「起承転結惹」の五部構成にするのです

こうするとその章のラストで「惹」が提示されるので読み手は続きが読みたくなります

「このように状況が変化してしまったけど、主人公はこれをどうやって切り抜けるのだろうか」という具合に

 これは後述する四日連続投稿をした際に五日目に「惹」を持ってくることで、翌週初日まで読み手の心を離さないことにつながります

つまり連載を追い続けてくれるわけです

 とりあえず以下は「一日に六千字」書くことを想定して話を進めていきます