トゥ エンティ フォー

トゥ エンティ フォー

体が震えていた

あなたも好きかも:パチンコ 停電したら
「わたしが、召喚した」「召喚……?」「なにを馬鹿なことを」「ありえぬ

召喚だと……?」「そう、召喚だよ」 ディナシアの発言のひとつひとつが、セツナに衝撃をもたらす

「かつて、わたしたち皇神と呼ばれる神々は、聖皇ミエンディアによって、こことは異なる世界より召喚された

以来五百年、契約によってこの世界に縛られ続けているのだが、数年前、この楔を断ち切る機会が巡ってきた」「聖皇復活の儀式か」「そうだ

それによって、我々は本来在るべき世界に還ろうとした」「そんなこと、知っておるわ」「その結果、この世界がどうなろうと関係がなかった

あなたも好きかも:札幌 篠路 パチンコ
なぜならば、我々は、この世界の神ではないからだ

本来属する世界にこそ、わたしの信徒はいる

わたしが護るべき、導くべきものたちがな

あなたも好きかも:楽園 パチンコ 越谷
だから、この世界が犠牲になることを承知の上で、聖皇を復活させようとした」「失敗したのは、そのせいだ」 マユリ神が、牽制するように口を挟んだのは、おそらく、ディナシアの独壇場にさせないためなのだろうが、セツナにはもはやどうすることもできなくなっていた

「なに?」「おまえたちがなんとしてでも聖皇を復活させようとしたから、反発が起きたのだよ

クオンたちが命懸けで聖皇復活を阻止したのは、聖皇の復活が世界の滅びそのものだったからだ

だから、彼らは全身全霊で儀式を止めた

おまえたちの目論見は潰えた」「……まあ、そんなことはどうでもいいさ」 確かにどうでもいいことだ

 そんなことよりも、ディナシアのことのほうが大事だ