パチンコ 拳銃 隠語

パチンコ 拳銃 隠語

それならその弱体化に際し私たちがアクションを起こすようなそぶりを見せたりして二年生の協力体制を形だけでも作れれば」「・・・なるほど・・・確かに君たちの実力なら圧力としては十分すぎるか・・・話し合って協力させるんじゃなくて、実力的にそうせざるを得ない状況を作るってことだね」今まで取りまとめていた三年生の魔術師は納得しているようで、何度かうなずいている

だがもう一人の魔術師はあまり納得していないのか渋い顔を続けている

あなたも好きかも:牙狼 パチンコ 復刻版
納得していないというより一年生の言うことを素直に聞くというのがあまり良い気分ではないのかもしれない

「それは前提として二年生三人よりもお前たち二人のほうが戦闘能力が高いことが条件だろう?その所は問題ないのか?」渋い顔をし続けていた三年生の言葉に康太と文は顔を見合わせる

確かにこの考えの前提は、康太と文の実力、もっと細かく言えば戦闘能力が二年生三人の合計よりも上であることが条件だ

あなたも好きかも:下高井戸 パチンコ
もしこれで二年生よりも二人のほうが弱ければこの考えは成り立たないことになってしまう

まだ相手の実力を把握できていないために断言はできないが、文としてはそこまで危惧するような内容ではないと考えていた

「少なくとも私たち二人が一緒に戦ってもいいというのなら・・・ある程度の相手は問題ないと思います」「その根拠は?何か比較対象でも上げてくれるとわかりやすいんだが」比較対象などと言われてもどう説明すればいいのかと思った時、康太が何かを思いついたのか指を一本立てて見せる

「二年生三人って、俺の師匠よりも強いですか?」「・・・お前の師匠というと・・・デブリス・クラリスか・・・いや、さすがにそれはないと思うが・・・そもそも戦いになるかも怪しい」「それなら間違いなく俺らのほうが強いでしょう

あなたも好きかも:パチンコ akb48 3 甘
俺と文が一緒に戦えば師匠相手にもある程度通用しますし」「・・・あの人を引き合いに出すのはちょっと・・・ていうかそれでも十五分くらいしかまともにやりあえなかったじゃない・・・」日々訓練している康太とたまに一緒に訓練している文は時に小百合相手に本気の訓練をするときがある

その時の話をしているのだが小百合も当然訓練ということでそこまで本気ではない

だが小百合との戦いで最低限以上の結果を残してるというのは客観的に見ても十分以上の戦闘能力を有しているということになる

自分の師匠がそれだけ脅威に感じられているのは複雑な気分ではあるが、こういう時に比較対象としてわかりやすくなるというのはありがたくもある

「でも師匠相手よりは楽ならやりようはいくらでもありますよ