男塾 パチンコ スペック

男塾 パチンコ スペック

あなたも好きかも:岡山県 スロット 口コミ
 また、フランスでは大手通信配信社「ハバス」(現在は広告代理店)の翻訳記事が全土の新聞に配信されましたが、電文の翻訳中、ベネデッティ大使に国王の意を伝えた「副官」(Generaladjutant)または「侍従」(Adjutant)がフランスでは「侍従武官」(Aide-de-camp)か「副官」(Adjutant)と訳されるべきところ、「下士官」(Sous-officier)と訳されてしまい、これが「一国の大使に格下の伝令を送った著しく無礼な態度」と思われる、という「火に油を注ぐ」事態となったのでした

 ここにビスマルクの謀略「エムス電報事件」は、フランスとドイツを一気に戦争へと押し出すことになったのです

エムス電報

あなたも好きかも:パチンコ 抽選 タイミング 変動時
1870年7月15日の金曜日は狂騒の一日となります

 「エムスより侍従長からの電報」が正に「エムス電報事件」となったこの日、ビスマルクはまるで放火犯が次々に火を点けて回り消防署が対処し切れなくなるような「噂の延焼」を謀りました

 まずはサンクトペテルブルクの駐ロシア大使に皇帝側近への会見を命じ、「裏話」として「フランス大使ベネデッティがエムスの散歩道でヴィルヘルム1世を待ち伏せし、無礼にも許可を得ず横柄な態度で話し掛け、挑発的な姿勢で国王に無理難題を吹っかけた」などと大げさに誇張してプロシアの「怒り」を表明させます

 同じ指令は駐イギリス大使やイタリア、オーストリア、オランダなどにも飛び、「プロシアがフランスによる国王への侮辱により立ち上がらずを得ない状況に追い込まれつつある」と同情を呼び込もうとしました

あなたも好きかも:静岡県 東部 パチンコ
 中でもミュンヘンの駐バイエルン王国大使への指令は重大でした

ここでは「同情」を呼ぶだけではなく、南ドイツがプロシアに同調するよう「等しい怒り」までも呼び込まねばならなかったからでした

 電報の「オリジナル」がある事実を他国は知りません

またかわいそうだったのはベネデッティ大使で、エムスの散歩道で最初に声をかけたのは国王の方であり、その場で大使の同道も許し、別れ際こそ厳しい態度でしたが会話中は穏やかな態度と威厳を保っていました

大使も決して無礼で挑発的な態度など取ってはいなかったのです

 ビスマルクの思惑通り、各国ともプロシアの「仕方のない怒り」に同情を示し始めます

 プロシア国王がフランスの怒りの根元であるレオポルト公のスペイン国王立候補を取り下げさせたにも関わらず、執念深く今後の保証もせよと「命じて」くるとは無礼千万、しかもナポレオン3世が直々話すならまだしも、一介の大使が休養中の国王を狙って判断を迫るとは酷過ぎるだろう…… この手のニュースは利害関係の有無に関わらず各国の国民には非常に「興味深い」ニュースであり、また分かりやすい対立の図式は酒場での噂話にはもってこいで、関係のない国々の都市、たとえばロンドンやペテルブルク、ストックホルムなどの酔客たちの意見は大概「加害者のフランス・被害者はプロシア」となるのでした

 そして、このフランスの「悪手」により最後までビスマルクが心配していたことが、まことにあっけなく解決してしまうのでした

 ミュンヘン(バイエルン王国)やバーデン=バーデン(バーデン大公国)シュトゥットガルト(ビュルテンブルク王国)ではこのニュースを記した新聞が飛ぶように売れ、フランスの横暴に民衆は怒り、これは単にプロシアや北ドイツに対する侮辱ではなくドイツ民族全体に加えられたフランスの暴挙であり、フランスは謝罪するか、しなければ「罰せられねばならない」だろう、などという空気に満たされて行くのです