パチンコ 職業病

パチンコ 職業病

 訓練室の幻影投射機構がその筆頭だが、それ以外にも様々な面で向上が計られている

特に厨房があらゆる面で向上したことは、ゲインが泣いて喜んでおり、これからはいままで以上に腕を振るうことができるといっていた

そしてそれは、セツナたちにとっても喜ぶべきことだった

食事は、力の源なのだ

美味いに越したことはない

あなたも好きかも:まどマギ スロット 奇跡も魔法も
「ねえ、あれ……なにかしら?」「あれ?」「なんだ?」 ファリアが指し示したのは、映写光幕のひとつだ

 機関室内にはいくつもの映写光幕が展開されているのだが、そのほとんどは船外の様子を映し出したものだ

あなたも好きかも:済州島 カジノ
マユリ神には不要なものだろうが、セツナたちが機関室にいることから外部の光景を映し出してくれているらしい

あなたも好きかも:城東 区 パチンコ
そのほとんどには、ウルクナクト号とともに飛ぶ飛竜たちの勇姿が映り込んでいるのだが、そのひとつ、進行方向の風景が描き出された映写光幕に猛然と接近してくるものがあったのだ

 それは光だった

 一面の雪景色と灰色の空、その狭間を貫くようにして迫り来る光の塊

まばゆい光を撒き散らしながら、ウルクナクト号に向かって一直線に迫ってくる

「敵じゃないの?」「いや、あれは……」『出迎えだ』 機関室に響いたのは、ラムレシアの声だった

「出迎え? だれのよ」「ラングウィン様じゃないかしら」「なんでよ」「なんでって、そりゃあラングウィン様が呼びつけたのよ?」「ああ、そっか」「それにユフィはラムレシア様と面識があるわけだし、出迎えくらい寄越したっておかしくないわ」 ファリアの推論は、そのまま正解だった