スロット バーストエンジェル 天井

スロット バーストエンジェル 天井

まるで重力がないかのように、トトンとはねるように壁を駆け上がる姿に、元の世界との違いを実感する

 屋根に上がった後、サムソンはゆっくりとラノーラさんの元へと近づく

 ミズキは静かにだが、とてもすばやく背の高い建物の側を走り抜ける

そういえば、この建物は、建築中の魔術師ギルドだったなと思い出した

 時間をかせぐように、サムソンはゆっくりゆっくりと、ラノーラさんへと近づく

「ラノーラさん! あの、私にラノーラさんを解放して渡してくれませんか」 私は、ラノーラさんを捕らえている男に声をかけ注意を引く

男は二手に分かれた私とサムソンを交互に見ながら対応を迷っているように見えた

 その時だった

 私の目の前、右手側にあった魔術師ギルドの建物から、巨大な獣が飛び出てきた

 人の……老人の顔

あなたも好きかも:パチンコ エルドラ 設置店
ボサボサで白髪交じりの金髪

あなたも好きかも:戦国乙女 パチンコ 甘
ライオンの体

私の体の何倍もの大きさをした魔物だった

目だけがギラギラと輝く風貌に、気持ちの悪さを感じる

「ギシシシシシシ」 魔物は笑った

 普通の人間とくらべて、何倍も大きな顔がいやらしく笑う

 ぐるぐると頭を回し、ラノーラさんの方へと飛びかかっていった