和光 パチンコ

和光 パチンコ

シャンジー将軍は後にル・マン失落の原因の一つに「コンリー兵営のブルターニュ兵」を挙げています

ケラトリ*キャンプ・コンリー コンリー市街の北北西1.3キロ付近、ル・グラン・シュマンの北東側、鉄道線路の北にあって現在は農地となり跡形もありません(兵営跡から北西へ600m程離れたラ・ジョヌリエールにブルターニュ兵団とコンリー兵営を記念した70/71年記念碑があります)

あなたも好きかも:ノーマルタイプ スロット おすすめ
70年11月10日から新兵の教練が始まり25,000名の兵士をル・マンの第2ロアール軍へ供給しました

また、その北側に大きな陣地帯が築かれつつありました

あなたも好きかも:グレンラガン パチンコ プレミア
 収容定員は5万名とされていましたが、兵舎の設営は遅れて未完工のものがあり、あぶれた兵士はテント暮らしを強いられていました

兵営には次々に到着する新兵を受け入れたため約6万人が押し込まれたといい、前述通り衛生状態と食糧や衣料(テントや毛布、軍靴の不足が深刻でした)事情が劣悪で12月には「まるで強制収容所のようだ」との不満の声が高まり反乱の恐れすらありました

 ある兵士の証言では「キャンプは広大な湿地のようで常に膝まで浸かるような泥で覆われていた

雨や大雪が降れば兵舎は浸水し、激しい雷雨があった日にベッドの上で溺死した兵士すらいた

あなたも好きかも:パチスロ 今日 も 負け
平均4万名がこの環境で過ごし毎日400から500名が病気で送還されていた」とのことでした

コンリー兵営(1870.11)コンリー兵営とブルターニュ兵団記念碑 このような状態で年明け早々から再起した独カール王子軍と戦い始めたシャンジー軍ですが、その戦い振りを見ると、よくもこの「烏合の衆」で「精鋭」独軍を苦しめたものだ、と思います

 シャンジー将軍自身は最後まで強がっていましたが本心は「勝敗は明らか」と考えていたのでは、と想像します

祖国に対する責任の重さを痛いほど感じていた将軍はガンベタや実質国防を司ったフレシネなどに対し再三「ブルバキ将軍率いる第1ロアール軍との協同作戦」を訴えましたが叶いませんでした

 このままでは北東から迫る「メクレンブルク=シュヴェリーン大公軍」と東から迫る「カール王子軍」によって合撃・包囲される危険性が高く、何とか「手持ち」でル・マン死守を計ろうとするシャンジー将軍でしたが、相手の独軍側にも後方連絡線が延び切り、補充は少なく補給も細々という危機があり、仏軍と等しく襲う寒波と疾病で将兵は弱り、正面で戦う兵員数は常に仏軍の半分~三分の一程度となっていました