北斗無双 パチンコ クイズ

北斗無双 パチンコ クイズ

セツナは、彼女に早く服を着て欲しかったが、話の途中、催促するわけにもいかない

「ユノ様がそこまでなさる覚悟と決意、よく伝わりました

それだけユノ様がマルディアのことを愛されている証拠でしょう

わたしが援護するには、それだけで十分です」 ユノのような少女がそこまでの覚悟をするというのは、並大抵のことではない

無論、彼女がただの少女ではないからこその決断に違いないのだが、いくら王女とはいえ、だれもができることではないだろう

あなたも好きかも:営業 パチンコ ばれる
自分自身を政略に使うなど、普通の神経ではない

そうまでしてでも守りたいものがあり、取り戻したいものがあるのだ

 王族としての教育が彼女にそういう行動を取らせたのかもしれない

「セツナ様は、お優しいのですね」「そうでもありませんよ」 セツナは、本心でいったつもりだった

だれにでも優しいわけではない

敵には容赦ないし、味方でも、自分と関わりのない人間には興味も持たない

あなたも好きかも:ガンツ スロット 6.2
そしてそれでいいと想っている

悪いわけがない、とさえ考えている

あなたも好きかも:dq6 ds カジノ
自分に関わりのない他人のことまで気を遣う必要がどこにあるのか、と

しかし、一旦関わりを持ってしまうと、どうしようもなく気になってしまうのが、この性格の困ったところだ

「困っているひとを見ると、放っておけない性分なんですよ」「それがきっと、セツナ様が皆様に慕われている理由、なんでしょうね」「それはわかりませんが……」 セツナは、ユノが衣服を着始めたのを衣擦れの音だけで判断しながら、言葉を続けた

「そうありたいとは想っていますよ」 無関係な人間に嫌われようと構わないが、身近にいるひとたちには好かれていたいとは想っている

そういうことからも、ユノを抱くという結論には至らないのだ