ゴッドイーター スロット リール

ゴッドイーター スロット リール

大人たちは苦笑いして放っといてくれる

時々いるのだ

あなたも好きかも:パチスロ リプレイ確率
別の種族が集落に迷惑をかけることが

あなたも好きかも:都島区 パチンコ
ちょうど一ラグヌス(年)前は濡れた木材に混ざって木材に宿った幽鬼が流れ着いてかなり集落内で揉めた後に、村の大人たち数名が幽鬼の出身地である西の大陸南部へと連れ帰っていった

今回は水棲族なので、長老たちの知り合いの別の水棲族に引き取ってもらうだけだろうなと俺は思う

クザミーネは「みっ、水……干上がる……太陽が私を焼く……」などと元気がないがちょうどいいので放っておいた

あなたも好きかも:全回転 スロット
集落の中心に構えられた大きな高床式の集会所へと備え付けられた木造の階段を登りながら入っていく

集会所の中へと入ると、ゴザの上に胡坐を組んで広く車座になった、八人の長老たちが難しい顔をして、見つめあっている所だった

二人で床にクザミーネを降ろすと「浜の漁師二名!!合議にかけてもらいたい件があり 参上いたしました!!」マノルと胸を逸らして、声を合わせて長老たちに声をかける

良く焼けた皺だらけの男女八名の長老たちのギロッとした視線に晒されながら俺が「このクザミーネという水棲族が 俺たちの漁を邪魔して! あろうことか、俺たちの網を破り その網に間抜けにも引っかかって、こうして捕らえられました!」さらにマノルが「長老様方、我らにどうすればいいか 道をお示しください!」と深々と頭を下げた

俺もそれに合わせて頭を下げる

鶏のトサカに見立てた飾りがついている帽子を被った最長老が俺たちを睨みつけて「……ふむ