実機 パチスロ

実機 パチスロ

人間とは残酷な生き物ですからね」興味本位からうっかりネアの想像の葡萄の妖精像を聞いてしまい、レザートはいささか唖然とした様子だった

聞けば、この妖精はアルテアの暇潰しと、あちこちで道が交差する相手なのだそうだ

夜葡萄のシーは、葡萄酒による饗宴をも系譜の一環として司どり、葡萄酒の妖精達と共に酒に溺れた人間達を滅ぼす妖精なのだそうだ

残忍だが美しく奔放な妖精として、夜葡萄のシーには一定数の信者がいるのだとか

「俺の神殿には、人間の奴隷達もたくさんいるが、望んで仕える者達ばかりだ」「まぁ

………でも、そのような趣味嗜好の方もいますからね

あなたも好きかも:スロット プレミアムハナハナ 設定判別ツール
踏んでほしいとか、髪の毛を引っ張って欲しいとか、そういう要求はありませんか?」「…………いや

ないな」「じゃあ、なぜそこにいるのでしょう?つぶつぶもしていない妖精さんですのに……」ネアが首を傾げると、レザートは途方に暮れたような目をした

ネアの言い分が理解を超えたらしく、少しだけ自分会議に入るようなので、ネアはケーキを美味しくいただくことに専念した

あなたも好きかも:his カジノ
(…………美味しい

クリームと煮林檎がとってもよく合って、上の無花果の隣の白いクリームがさりげなくホワイトチョコレートのクリームなのもとっても美味しい!)笑顔でぱくぱくと食べ進め、ネアは早くもアルテアのお皿にも狙いをつける

じっと凝視すると、フォークを差し出し一口食べさせてくれた

むぐむぐしながら頬を緩め、ネアはまだ温存している自分のケーキに戻る

あなたも好きかも:デビル メイクライ 3 スロット
「………寄越せ

捨てておいてやる」そこでアルテアが一言挟んだのは、ネアがケーキの中から金色の指輪を発掘したからだ