パチンコ 実機 飽きる

パチンコ 実機 飽きる

お前は、どうなんだ?」「今はそれどころじゃないと、答えておく

あなたも好きかも:モンスターハンター スロット 設定変更
ただ、仮に師匠が〝本気〟で私に教えようというのならば、きっと断らないだろう」「そんなところか……」「失われるには惜しいわよね、あれ

あなたも好きかも:パチンコ テンガイ 鹿児島
ベルやアブと〝対等〟に渡り合えるし」「それを言うなら、オレや紫陽花と、って言えよ

渡り合えるじゃなく、逃げられるとか、そういう言い方があるだろ」「そんなところで誤魔化しても仕方ないじゃない」「対等に渡り合えるってのが、最大級の誤魔化しだろうが……ま、打つ手がないわけでも、ないからな

まあいい、先に本題だろサギ」 それがいつものお前だと言われた当人は、珈琲を飲み干してから、頷きが一つ

「少止」「なんだ鷺城」「遠々路紗枝(とおえんじさえ)は知っているわよね」「ここで、知らないと答えるような間抜けなら、ここにはいない」「魔術のことを詳しく知りたいと打診があったのよ

今は、十一紳宮(じゅういちしんぐう)の在り方なんかに興味があるみたい

けれど、私が〝教える〟となると、冗談でもなんでもなく、紗枝じゃ無理

わかるわよね?」「私にも無理だってことがか?」「嫌味ね

――あんたと影踏みなんてしないわよ」「できるけれどやらない、か?」「したくないから、やらない

あなたも好きかも:パチンコ メッセ 武蔵境
ともかく、鈴ノ宮にいる紗枝と繋がりを持って教えて欲しい」「私に?」「そう」「魔術師ではない私が、それをやれと?」「闇ノ宮だった鷹丘少止(たかおかあゆむ)なら、可能でしょう?」 そうか

 やはり、鷺花は知っている

「そうだ、とは認めないんだな」 鷹丘少止が〝魔術師ではない〟のだと、鷺花は口にしない

ただの影使いだとも、言わないのだ

 それが事実だったとしても、可能性が残されている以上は、言わない

「どうして私に?」「火丁の件があるのなら、鈴ノ宮に滞在する理由づけもできる