こっぱみじん ブラックジャック

こっぱみじん ブラックジャック

その意志は、疎通されない

 中に入ってきた男は、二人の反応を見てから、軽く瞳を閉じた

それはほんの数秒のこと――すぐに、驚いたように目を見開いて、それは次第に細くなり、最後にはやや俯き加減になって

「――はは」 乾いた、笑いを一つ落とした

「うそ……雨天……?」「――」 ミヤコの呟きにリウが反応する

けれど男は腕を組み、小さく肩を竦めた

「腹の探り合いは面倒だなァ――今、一通り村時雨から聞いた

あなたも好きかも:初心者 勝ちやすい スロット
ミヤコ・楠木にリウラクタ・エミリオンか

あなたも好きかも:スロット ビンゴギャラクシー 7揃い
俺ァ、レーグネンと名乗ってる」「……そう」「最初に聞いておくぜ

あいつは……サギシロはまだ、生きてンのか」「ええ、もちろん」 しばらく考えを巡らせていたリウは、小さく吐息するとレーグネンと向き合った

あなたも好きかも:tera スロット
「で、ミヤコに何の用?」「おいおい、そりゃ愚問ッてやつだろ

村時雨を佩いてて、その上で袴装束に紋様を刻んでりゃ、俺みてェな時代に取り残された連中にとっちゃ、確認せずにはいられねェよ」「あなたは……干渉できるのね」「サギシロと比較してンなら、そうだな

俺の方がよっぽど動けるし、縛りもねェ

――ミヤコ」「うん?」「決勝が終わったら、俺と手合せだ

準備しとけよ」「……わかった」「とりあえずは、そんだけだ

じゃあな」 ふらりと、廊下側に消えたレーグネンを、二人は追わない

問いたいこともあったが、追えなかったのが実際だろう

 しばらくして、ミヤコは強張った躰をほぐすようにして、左手を鞘から離した