パチンコ ミリオンゴッド ライジング 199

パチンコ ミリオンゴッド ライジング 199

 第七層では、日々餌用の大量の召喚が行われているが、上位種が発生しているわけではなく、いまは中級のなかでも下のほうのモンスターが出てくる程度になっている

 灰色狼たちだけではそれらのモンスターを討伐するのは厳しいが、上位種がいるために大きな事故が起こることもなく順調に増えていっているというわけだ

 ナナと一緒に、拠点をひとつひとつ見回っていた考助は、とある場所で足を止めた

 その拠点に何かがあったというわけではなく、休憩を取るためとせっかくなので狼とゆっくり触れ合いたいと考えた

 流石に十もの拠点があると全てに時間をかけて滞在するわけにはいかない

あなたも好きかも:借金 ブログ パチンコ
 そのため、毎回ひとつを選んでこうして時間をかけて狼と触れ合っているのである

 考助が足を止めると、すぐ傍にいた狼が駆け寄ってくる

あなたも好きかも:パチスロ 蒼天の拳2
 それらの狼たちを撫でていると、さらにナナが一声鳴くと他の狼もよってきた

 考助はそれらの狼の首筋を次々に撫でて行く

 ランクの高い種族から考助の傍に近寄ってくるのは、狼の中での順位付けがあるためだ

 群れを形成している狼にとっては、とても大切なことだと理解している考助は、特に口を挟むことなく自分に近寄ってくる狼から順番に触れあっていくのであった

あなたも好きかも:ジェット セット ラジオ パチスロ
 考助と狼の様子を遠巻きに見ていたミツキが、自分の傍に近寄ってきたナナの首筋を撫でた

「相変わらずというかなんというか、考助様もまめね」 今回は考助とミツキのふたりだけで来ていたので、その言葉を聞いている者はナナだけだった

 そしてその呟きを拾ったナナは、ミツキの手をぺろりと舐めた

「あら、大丈夫よ

止めたりはしないから