銚子 パチンコ 開店

銚子 パチンコ 開店

僕はそんな心の声を必死に飲み込んで、そしてえへんと胸を張るミラの頭を撫でた

あなたも好きかも:パチンコ 出 禁
だが、しかしそれは本当にでかしたぞ、ミラ

稼いだお金や買い込んだ非常食は、殆どクレッグさんの所に置いて来てしまってたから

これならまた別の——遠くの街を目指すって選択肢に現実味が出て来た

「な、なあ……このままここで一晩明かすんじゃダメ……なのか? そりゃ……追って来られたらやべぇけどよ

そうは言っても、ここだってあそこから随分離れて……」「それでも…………いいえ、そうするのがひとつの正解でしょう

更に言えば、またひとつ前の街に戻るというのも、今取り得る選択肢の中では最善でしょうか

あなたも好きかも:門前仲町 パチンコ 閉店
ですが……」 最善の選択肢と、最短の選択肢はまた別の問題なのです

と、ミラは困った顔でそう言った

最短……ってのは、きっとこの世界を救う為の……という意味での最短だろうか

「あんなものがあると知ってしまった以上、それなりに急がなくてはなりません

エヴァンスさん、今からする話はなんとなく聞き流していただいても構いません

あくまでも、私とアギトさんの知っている常識の上での話です」「…………おっ⁈ 俺⁉︎ あ、ああいや……そうだね、そういう話も……」 しなくちゃならないよね、ごめんごめん

睨まないで……ごめんって

調べものの為には、やはり僕達の知ってる世界との照合が欠かせない

そうなった時、それはミラ一人でも僕一人でも良くない

主観では無く、出来るだけ客観的な比較が必要なのだ