スロット バサラ 天井

スロット バサラ 天井

 わたしはグレーティアに頼んでレティーツィアから送られた物が入っている箱からお手紙を取り出してもらい、ラザファムに声をかけて三階にある自室へ向かった

「急なことですから、ひとまずこちらのテーブルと文具を入れる予定ですが、よろしいでしょうか?」「えぇ

新しい家具を準備する必要はありません」 わたしはラザファムに頷きながら隠し部屋を開けた

ここの隠し部屋には椅子とフェルディナンドの「大変結構」が入った魔術具がある

他の人に触られるのが何となく嫌で、わたしは魔術具の入った革の袋を手に持って、一度隠し部屋から出た

そして、隠し部屋にテーブルや文具を準備してもらうのを待つ

 テーブルが入ったら、グレーティアに城から持ってきたインクや紙を入れてもらい、テーブルの上にお手紙を置いてもらった

あなたも好きかも:rng 意味 ゲーム
消えるインクも準備済みである

 ……わたし、完璧

あなたも好きかも:カジノ さいころ
「では、読んできますね

護衛騎士はアンゲリカだけ残してくれれば十分です

必要になれば呼びますから、後の皆は荷物の仕分けのお手伝いをしてください」 一人で隠し部屋の中に入ると、わたしは早速レティーツィアのお手紙から読み始めた

あなたも好きかも:武蔵小杉 禁煙 パチンコ
養父様から早く返事を書くように、と言われたからである

別にフェルディナンドのお手紙はお説教が並んでいそうだから後回しにしたというわけではない

 両親の声が入った可愛いシュミルの魔術具がとても嬉しかったこと、最初はフェルディナンドに対してどのタイミングでどのように使えば良いのかわからなかったが、ユストクスが実演して教えてくれたことが書かれている

「ユストクスのおかげで、上手にシュミルの魔術具を使うことができるようになりました……って、想像したらシュールだよね」 眉間に皴を刻んで教育中のフェルディナンドにユストクスが「今です」とか「こういう時に使いましょう」と言いながら、白いシュミルのぬいぐるみをビシッと出す光景を思い浮かべると、妙な笑いがこみ上げてくる

 そのシュミルから「たまには褒めてくださいませ」とわたしの声がして、フェルディナンドがきっと嫌そうな苦い顔で褒め言葉を口にするに違いない

近くで見ていると、フェルディナンドから変な八つ当たりをされそうなので、離れたところから見たいものである

「それにしても、レティーツィア様はお菓子がないと辛いんだ……