スロットマシン つづり

スロットマシン つづり

 撤退するべきだろうかと思った直後、スカイゴーストのパイロットがさらに報告する

『8時の方向より、ドラゴンの群れの接近を確認

あなたも好きかも:パチンコ 配線
数はおよそ30体』 敵の奇襲か………!? はっとしながら、もう一度周囲を見渡して生き残った航空機を確認する

先ほどのミサイルの一斉攻撃で大損害を被ってしまったため、もう制空権を維持するのは不可能だろう

仮にあのミサイル攻撃がなかったとしても、航空隊は敵の航空隊を迎撃するのが精一杯で、爆弾をぶら下げて対地攻撃を行うドラゴンを迎撃する事ができなかったのだ

 ミサイル攻撃で大損害を被り、制空権の維持すらできなくなった状態でドラゴンの空爆が始まれば、地上部隊は蹂躙されてしまう………! 夜空の向こうで、無数の魔法陣が煌く

様々な色の魔法陣を見た俺は、操縦桿を倒して機体を旋回させ、なけなしの砲弾とミサイルで迎撃しようとした

 だが、その魔法陣から躍り出た魔術が牙を剥いたのは―――――――テンプル騎士団の地上部隊ではなく、敵の地上部隊だった

「――――――え?」 ぎょっとしながら、接近してくる飛竜たちを凝視する

 ホムンクルスたちの飛竜とは異なり、そのドラゴンたちは赤黒い外殻で覆われていた

あなたも好きかも:ガルパン 卓上 パチンコ
しかも背中には手綱を握った騎士が乗っており、その後ろには蒼いマントを身に纏った魔術師が跨っているのが見える

 そのマントに描かれているのは、ラトーニウス王国騎士団のエンブレムだ

「ラトーニウスの連中だと………!?」 壊滅したのではなかったのか? ぎょっとしながら彼らの頭上を旋回していると、スカイゴーストのパイロットが報告してきた

あなたも好きかも:枚方市 パチンコ
『各機へ

8時の方向より接近中のラトーニウス騎士団は味方だ