がれいぜろ スロット 6号機 有利区間ランプ

がれいぜろ スロット 6号機 有利区間ランプ

 過去をなぞるように歩んでいけば、自然と足は裏口から出た離れの小屋へと向いていた

 扉を開けて中に入れば

 昔のままの内装が保持されていた

 病の母が眠った寝床や、彼女がタガネに読み聞かせた本の数々を収納する本棚、庭を眺める円窓が母の顔を想起させる

 タガネは寝台に腰掛けた

「本当に帰って来ちまったな」 コートの懐に手を入れる

 懐中から、花を取り出した

あなたも好きかも:パチンコ バイト 西武新宿線
 街の付近に丘があり、その上に花畑が広がっている

幼い頃に母の枕元に束ねて持参したり、墓へは毎日というほどに供えるべく摘みに行った

あなたも好きかも:ガンダム パチンコ 感想
 花を見た彼女は

『花と母さん、どっちが好き?』 悪戯っぽい笑みを浮かべて問うてくる

 幼いタガネは即答して、その都度に羞恥で赤面していた

あなたも好きかも:赤間駅 パチンコ
「やれやれ」 タガネは膝を叩いて立ち上がる