パチスロ 北斗 将

パチスロ 北斗 将

「イル、私が説明します」 どうやら受付嬢は、絡んできた冒険者と知り合いだったらしい

 お気に入りの受付嬢が考助を特別扱いしたことが気に入らなかったのか、あるいは考助に脅されたのかと勘違いしたのかは分からなかったが、妙に納得した考助だった

「マイヤ、けど・・・・・・」 イルと呼ばれた冒険者は、チラリと考助を見てなにかを言おうとしたが、受付嬢のマイヤに遮られた

「まず、私は別にコウさんに特別扱いなどしていません」「だったら・・・・・・!」「話は最後まで聞いてください」 恐らく知り合いであろう二人だが、あくまでも受付嬢としての態度を崩さないマイヤに、イルは言葉を止めた

 何となく普段の二人の力関係がわかるやり取りだ

 言葉を止めたイルを見たマイヤは、話を続けた

あなたも好きかも:スロット 魁男塾2
「受けられる依頼には限界がありますが、それには例外があります」「例外?」 初めて聞くというような表情になったイルに、マイヤはため息を吐いた

「ちゃんと説明したのに・・・・・・」 何やらそう言いながらぶつぶつ呟いていたが、気を取り直して説明を続けることにしたようだ

あなたも好きかも:メビウスの盾 カジノ
 ちなみに、このやり取りに注目していた他の冒険者達も、イルと似たり寄ったりの顔になっている者もいる

 中には、その言葉だけで状況を把握した冒険者もいたようだったが、圧倒的に少数だった

「依頼期限が過ぎている物で、すぐにその場で素材を渡せるものに限っては、依頼数の限界を超えて処理することが出来ます

勿論、依頼期限が過ぎているので、場合によっては依頼料が下がる場合もありますが」「そ、そうなのか?!」 驚くイルに、マイヤはあからさまにため息をついた

あなたも好きかも:カジノスロットマシーン
「そうなのです

勿論例外対応なので他にも色々とありますが、これだけ押えておけばまず大丈夫です

コウさんが持って来た依頼は全てその条件を満たしています」 そのマイヤの説明に、イルはばつが悪そうな顔になって考助を見て来た

 自分が的外れな絡み方をしたことに、ようやく気付いたのだ